巨大看板

巨大看板(#38)

 有名なラーメン店ですがディスプレイが進化してます。  巨大看板  ラーメンの金龍なので龍の看板なのですが、この店に限らずどの店舗のディスプレイも巨大な龍の看板になっています。  この店舗はうねってビルの内外を這いずりま

続きを読む
ホグレル

弛緩する

 筋肉の緊張が解けて弛緩するとほぐれるのでしょうか。  ホグレル  私、肩こりが酷い方なのでこういうお店に行って解きほぐして欲しいのですが、なかなかタイミングがありません。それにこういう店の施術は相性があってしっくりと来

続きを読む
ぶあいそ

ほんとうに?

 愛想が有るのか無いのか。  ぶあいそ  愛想が無い応対の店に遭遇したときは心底がっかりします。  多分そんな店に入店してしまったとしたら5分で出てきてしまいそうです(笑)。  屋号が「ぶあいそ」ではありますが、そんな事

続きを読む
リーマンズクラブ

略して

 サラリーマン、略してリーマン。  リーマンズクラブ  とりあえずバドミントンとは関係無いと思います。  サラリーマン専用となると下っ端ばかりでは無いかと思えます。役員は給料ではなく役員報酬ですのでサラリーマンとは少し言

続きを読む
PINTO

夜もあります

 いわゆるフードコンテナ。  PINTO  タイ語のピントー(ปิ่นโต)はこのロゴのように積み重ねた弁当箱。複数段を重ねるタイプのフードキャリアあるいはフードコンテナと呼ばれる食器です。一般的にはステンレス製ですが琺

続きを読む
有限会社 仕事場

自明な社名

 会社の仕事場の社名が仕事場。  有限会社 仕事場  社名が「仕事場」というどう考えても自明な社名。  作業場とは微妙に違うのでしょうか。  どちらにせよ仕事をする場所ならば何であっても仕事場である事は間違いありません。

続きを読む
進行方向別通行区分

進行方向別通行区分

 余計に迷いそうな標識。  進行方向別通行区分  左車線が左折専用車線だというのは理解できますが、右側車線は左折・直進・右折の全てが可能だと認識して理解できるまで時間がかかります。なぜ矢印が全方向に出ているのか理解に時間

続きを読む
かどや

かどや(#20)

 やっぱり角にあるんですけどちょっと微妙。  かどや  ヿ(こと)の記号で「カ」の文字が囲われているので、そのままだと「カネカ」だと思うのですが、どうなのでしょうか。現在は使われていませんが「かねてつ(現かねてつデリカフ

続きを読む
謎の構造物

謎の出っ張り

 どう考えても理解が及びません。  謎の構造物  ビルの壁に無用に出ている凸部があります。  後ろに何か壁からはみ出すものがあってそれを覆う様に無理やり外壁を造ったのでしょうか。  だとしてもかなり尋常でない理由がなけれ

続きを読む
ズバリ手抜きうどん

手は抜いてない(はず)

 思わず二度見、いやそれ以上。  ズバリ手抜きうどん  手打ちうどんではなく手抜きうどん。二度見どころか三度見してしまいました。  日本全国各地に「手抜きうどん」を冠するうどん屋はあるのですが本当に手抜きなのか単に冗談で

続きを読む
カレー店の看板

なんなん?

 ナンなんですか?  カレー店の看板  日本のインド系カレーショップの定番メニューのナン。  そのナンですが実はインドの実情と日本の実情が大きく乖離していてナンなん?な状況。  日本のカレーショップのナンはなぜか引き伸ば

続きを読む
ポモドーロ

トマト

 ポモドーロとはイタリア語でトマト。  ポモドーロ  イタリア語ではトマトの事を”pomodoro(ポモドーロ)”と言います。  パスタ料理の名前にもありスパゲティ・ポモドーロは非常にシンプルです

続きを読む
神戸キチン

促音なし

 看板上部に元の英語が表記されいるのですが。  神戸キチン  ”kitchen”の発音は【kɪ́tʃ(ə)n】ですので日本語式に記述すると一番近い表記は「キッチン」になると思うのですが看板のカタカ

続きを読む
ateya

朝日のア

 五十音なら初めの文字。  「あ」(ateya)  略されていますが、quiche & delicatessenと看板に文字があります。目立つ大きな「あ」の文字の下にローマ字でateyaとありますので酒のアテと考

続きを読む
ドリーム

うたかた

 覚めると全てが幻に。  ドリーム  非日常空間を楽しむところだとは承知していますが、ここまでストレートに宣言されてしまうとちょっと引き気味になってしまいます。とは言えその時間を楽しめるのであればそれで良しと。  それで

続きを読む
てんやわん屋

なんでそうなんや(#98)

 漫才では無いです。    てんやわん屋  焼肉を焼いている間に脂が落ちて炭火から火が立ち上り、強火で炙られた肉からさらに脂が落ちてきて火に油を注ぐような火がぼうぼうの大騒ぎ。本当の意味での炎上状態に至ります。  一般的

続きを読む
店舗提灯

本当だろうか

 すごいセリフを言えるものです。  店舗提灯  どこから来るのかこの自信。と、問いかけたくなります。終日営業していて常に満席という状況には全然見えないのですが、オラオラ系とも言えるこのセリフはどう考えるとこうなるのか理解

続きを読む
火の鳥

復活する

 自らの身を火の中に投じてその灰から復活する。  火の鳥  一般的には「不死鳥」ですが手塚治虫の同名タイトルの漫画シリーズもあってこちらの方が有名になっているのでしょう。  元々は古代エジプトの神話に登場するベンヌと呼ば

続きを読む
馬虎亜(ばとらー)

夜露死苦

 当て字な屋号。  馬虎亜(ばとらー)  バトラーは執事とするときもありますが筆頭使用人を指すときもあります。執事の中でも一番偉い人なんですね。  しかしそのまま読むと「ばとらあ」なのですが最後が長音記号でルビが振ってあ

続きを読む