これも「なにわ」

 様々な字が充てられますがその一つにあるのがコレ。

魚庭(なにわ)
 魚庭(なにわ)

 上町台地の北部の地域を指す「なにわ」の呼称に対して「浪速」「浪花」「難波」の文字が用いられます。「なみはや」という呼び方の他にも「波華(なみはな)」と称する場合もあり、それぞれ様々な説が存在しており、どれが正しいとか決定的な説はありません。
 「なにわ」に対して「魚庭」という字を用いる説があります。
 大阪ことば事典の【ナニワ】の項に「ナニワのナは、菜・魚のナであって、食料品を意味する語である(納屋は、菜を入れる小屋、即ち食料を貯蔵するところ)。ニワは庭、広い場所。すなわち、ナニワとは、食料品の豊富にあるところ、あるいは、サカナのたくさん漁れる海面(漁場)のことになる。」とあり「魚庭」という表記もちゃんとあったようです。
 「魚庭」説は少なからず説が記載されている文献があるので使われていた表記の一つだったのでしょうが、現在は殆ど使用される事がない表記になってしまっています。
 魚にかけた当て字だと思われるかもしれませんが、しっかりとした語源のある屋号です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA