四天王の一人

 相模国足柄山で育ちました。

金時屋
 金時屋

 源頼光の四天王の一人である「坂田金時」、幼名を「金太郎」と云います。
 食べ物であれば甘く煮た小豆を使ったかき氷を「金時」と指す事もあります(宇治金時やミルク金時など)し、インゲン豆の一種で赤紫色の皮を持つ金時豆を指す場合もあります。
 普通の大衆食堂なので普通に食事ができるお店なのですが、よもや金時豆の料理のみと言う事は無いでしょう。看板に「麺類」「丼物」とありますし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA