松岡製菓「満月ポン」

満月ポン

 大阪ではスーパー、駄菓子屋、お菓子屋さんなどで良く見かけるお菓子に「満月ポン」があります。  松岡製菓「満月ポン」110g  昔懐かしいポンせんです。材料は小麦粉、塩、醤油、その他です。  松岡製菓から発売されている素

続きを読む

ボーナス

 ボーナス時期ですがゆうメイトと本務者の厳然たる差が出てしまいゆうメイトが憂鬱になる時期です。 【賞与明細】 ゆうメイトA「あぁ、ボーナス出たけどすずめの涙やね。」 ゆうメイトB「ほんま、ほんま。わしなんか家族持ちやんか

続きを読む
魚処「でぶ」

ダイエットしないの?

 生来の性分なのか通りを走っていると信号待ちで停まった時にすぐ周囲の風景を確かめるようになってしまいました。路上観察學會じゃないんですから、困ったもんです。  魚処「でぶ」  いや、以前の「ぶた」と思っていたらどうも違う

続きを読む

お客様ごめんなさい

 お客さんから問い合わせがある内容でこちら側のミスだったとしても偶然リカバリがかかり、逆にお客様に感謝されてしまいこちらが恐縮してしまう事があります。 【本当は誤配】 客「郵便物が届かないんですけど・・。」 局「どのよう

続きを読む
マルツ電波パーツ館

日本橋探訪(#5)

 秋葉原では「マルツ、マルツ〜」というキャッチの入った店内放送が流れているチェーン店の日本橋進出店舗です。  マルツ電波パーツ館 大阪日本橋店  このマルツ日本橋店でやっと、秋葉原に置いてあったりするパーツ類がそのまま店

続きを読む

無理しないで

 郵政民営化前提で、宅配便などのとの競争できる商品を提供しようといろいろと新しい商品が出てきています。まぁ、いつものごとく現場を無視して体制ができていないにもかかわらず「あしたから○×をとりあつかいます。」と、突然通達が

続きを読む
しっぽくとおかめ

しっぽく

 うどん屋に入ってメニューを見ると「しっぽく」と書かれたメニューを見かける場合があります。これは長崎の「卓袱料理」と同じなのでしょうか?  しっぽくとおかめ(うどん)  大阪では通常は「しっぽく」も「おかめ」も「うどん」

続きを読む
6BM8ペア

真空管再び

件のEL84ですが、店主にご無理を言って6BM8に交換して頂きました。EL84/6BQ5でギターアンプを作るのは先の話になってしまいました。複合管だけあって6BQ5より高額なため差額が生じましたが、差額分の追金でご対応頂

続きを読む
RedFuzz

FUZZ完成

とりあえず組み立てていたRedFuzzの完成をしました。やっぱりベースの高音でもよくわからない。なんとかしなければなりません。 完成したRedFuzz オリジナルの製作プロジェクトはこちら 基板実装篇、筐体加工篇と引っぱ

続きを読む

父の日ゆうパック

 先日の日曜(6/19)は世間的には父の日だったようで、どこでも父の日にあやかって色々な商品やパッケージ類等を店頭に置いていました。 【父の日】 客「父の日ゆうパックたのんでんけど、まだ届いてないみたいやねん。どうなって

続きを読む
株式会社三重電業社

日本橋探訪(#4)

 見た目はジャンク屋さん?いいえ違います。ケーブル類全般を取り扱っている三重電業社です。  株式会社三重電業社 日本橋店舗  電材一般の三重電業。昔に日本橋に部品・部材を買い出しに行く時にケーブル類はまずここに行って聞い

続きを読む
桶屋さん

風が吹けば・・

 ことわざに「風が吹けば桶屋が儲かる」というのがあって、落語のネタだったとおもうのですが、要は森羅万象なんらかの関係でつながっていて、1つの事だけで済むものではないと言う戒めではないかと感じています。  桶屋さん  十三

続きを読む
関目高殿

合体!(#2)

 結構合体駅名が多かったので2回に分けました。写真を撮った日は前回の分と同じ日に全て回ったのですが、暑かった・・・。  【関目高殿】せきめたかどの  大阪市城東区の関目(せきめ)と、旭区の高殿(たかどの)のこれまた境界に

続きを読む
EL84

真空管

 以前作ったエレキットのTU-870ですが、そろそろいじりたくなってきました。我慢が出来なくなったと言うべきか、キットだからいじって当然と思い切っていると言うか。  electro-harmonix EL84(6BQ5)

続きを読む

配達遅れ

 以前にも書いていますが、配達の時間というのは決まった時間ではなく、配達のルーチンの中で決まる時間であり、このお客さんは何時に配達と決まっている訳ではないわけです。  しかしながら、通常の業務であれば概ね時間帯は自ずと決

続きを読む
東京真空管商会

日本橋探訪(#3)

 もう入り口のガラス戸越しにどど〜んと真空管です。  東京真空管商会  日本橋にありながら、「東京」とついているところがミソ  東京真空管商会の店主は既に2代目になられており、店内は店名の通りそれこそ真空管だらけ。全国の

続きを読む