日帰り長距離

 久々の日帰りロングツーリング。
鳥取砂丘にて
 鳥取砂丘にて
 ちょっと出るのが遅くなったので遠出は厳しいと思っていたのですが、頑張って久しぶりに鳥取砂丘まで足を延ばしました。往復ほぼ500kmを走行、いちおう休憩ではありませんが、ちょっと買い物とトイレで道の駅に寄ったりはしましたが、おおむね10時間は走行し放しという強行軍。
 朝9時に出たのでまだ気温は低くはありませんでしたが、それでも山間部は21℃ぐらいと走行時は肌寒い気温です。昼間になると25℃ぐらいまで上昇してやっと快適な温度になりました。この走行中も快適な時節は本当に一瞬の事で、ほとんどが走っていて暑いか寒いかしかありません(苦笑)。
 気温が30℃近くになると路面温度は40℃あたり。そのすぐ上の暑い空気を突き進むので実際は周りの空気は体温近辺なので、かなりげんなりします。
 今回はなるべく楽しい道を通ることにしました。
 往路には能勢経由で宿野〜畑野〜るり渓〜R372で篠山〜細工所から西紀へ抜けR176に出ます。柏原から石生〜春日へ。今回は春日からの往復に北近畿豊岡自動車道をフルに使いました。とは言え遠坂トンネルは往復共にパスしてワインディングを通ります。
 八鹿からはひたすらR9を走り抜きます。時間があれば湯村温泉で足湯につかって一服するのですが、2時間ほど時間が足りませんので通過。鳥取近辺のR9がバイパス化しており迷いましたが、鳥取砂丘にてちょっと水分補給してすぐに帰路へ。お土産も買わずに…です。とほほ。
 今回は時間が足りないせいもあり、往復にほぼ同じ経路を通りましたが、本当は鳥取からの帰りは浦富海岸〜浜坂〜余部〜豊岡〜福知山とゆっくり景色を堪能しながら行きたかったところです。
 久しぶりとは言え往復500kmの日帰りは堪えました。

2件のコメント

  1. お久しぶりです
    日帰りで500㎞とはなかなかの距離ですね。
    涼しくなってきたので私も長距離ツーリングしてみようと画策中です。

  2. こちらこそご無沙汰しております。
    北近畿豊岡自動車道以外は上の道を走っていないので、なかなか疲れました。
    でも、やっぱり普通の道を走る方が景色を楽しめますし、いつでも停まれるので良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA