走り初め

 ちょっと温かい。
いつもの場所で
 いつもの場所で
 能勢の気温をアメダスで見ていたのですが、朝8時の時点で2℃とか走りに行く事があり得ない気温だったのでどうしようかと家の中でウダウダしていたのですが、日が高くなると気温も上がってきたようなので走り初めにでました。
 市街地で10℃を超えていたのでそこそこ温かかろうと思ったら、意外に山中も温かくなっており、ガクブルで走行する事は全行程でありませんでした。それでも一部の地域で通り雨があった模様で、路面が濡れておりビクビクしながらで、さすがに雨上がりの地域は気温が下がっていました。
 気温が低いと能勢の路には万年日陰の場所があちらこちらにあり、それらは確実に凍結しています。解氷剤を撒いていても雨が降った後だと流れてしまい夜間にツルツルの凍結路面になってしまうので、そんなところを通ろうものなら無抵抗で転倒してしまいます(苦笑)。
 この時期は気温がある程度高い事、ここ2〜3日の間に雨(もちろん雪も)が降っていなかった事が走りに出る必須条件です。以前の走り初めではこんな事もあったのでこの条件を満たしていても油断はできません。
 陽が当たると温かく感じるぐらいの気温でもあり、いつもの気温表示は8℃。これくらいなら厚手のウェアや着込めば大丈夫。寒くなってもまだまだ走りますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA