ツャケ

 書き分けができないんですね。

お品書看板
 お品書看板

 カタカナ表記で「ツ」と「シ」、「ン」と「ソ」。
 多分小学校でこれらのカタカナの正しい書き順と書き分けをちゃんと教えてもらっているはずなのですが、間違って逆になっていたり、ちゃんと書き分けできなくてどっちなのか分からない微妙な文字になるのが手癖として定着してしまっている人がいます。
 この看板を書いた人も多分そのタイプ。
 どう見ても「ツャケ」ですし、「ネギンバ」にしか読めません。
 「ン」と「シ」は点を横向きに、「ソ」と「ツ」は点を縦向きに打てば間違えない文字に見えるはずなのですが、本人はちゃんと頭の中で正しく認識しているようなのでこのタイプの人は注意しても絶対に直りません。
 以前には屋号のある看板に微妙すぎるのもありました。
 もう一度小学校でカタカナの学習をし直ししてほしいと切に願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA